利用運送登録(許可)の標準処理期間とその実際について教えてください

利用運送事業では、自社で輸送手段を所有することはありませんが、トラック運送業の一般貨物自動車運送事業者等と同じく運送業に含まれ、国土交通大臣または地方運輸局長からの登録や許可を得なければ事業を開始できず、いわゆるモグリになってしまいます。

事業開始に当たって合法性を確保する第一種貨物利用運送登録申請手続きや、第二種貨物利用運送事業許可申請手続きは、このように行政庁への許認可申請手続きとなりますので、標準処理期間と呼ばれる手続き期間が設けられています。具体的な期間は以下の通りです。

第一種貨物利用運送事業登録申請手続きは2か月~3か月
第一種貨物利用運送事業変更登録申請手続きは1か月~2か月
但し、利用運送機関の種類の変更に係るものは2か月~3か月
第一種貨物利用運送事業の利用運送約款は1か月(第一種貨物利用運送事業附帯業務の利用運送約款を含む)
第一種貨物利用運送事業の利用運送約款の変更認可申請手続きは1か月
第二種貨物利用運送事業の許可申請手続きは3か月~4か月
事業計画及び集配事業計画の変更認可申請手続きは2か月~3か月
但し、利用運送機関の種類の変更に係るものは3か月~4か月
第二種貨物利用運送事業の利用運送約款の設定の認可申請手続きは1か月(第二種貨物利用運送事業附帯業務の利用運送約款を含む)
第二種貨物利用運送事業の利用運送約款の変更認可申請手続きは1か月
第二種貨物利用運送事業の譲渡し及び譲受けの認可申請手続きは2か月~3か月
第二種貨物利用運送事業の合併及び分割の認可申請手続きは2か月~3か月
第二種貨物利用運送事業の相続の認可申請手続きは2か月~3か月

この標準処理期間というのは、役所内での当該各手続きを処理する際の必要期間(処理スピード)を指しており、書類を提出すれば必ずそれまでに許可や登録、変更の認可等が得られるというものではありません。書類の内容に不備や訂正、あるいは必要書類の追加等が発生する場合には、追加書類の提出等それらに対応する期間について標準書類期間の経過はストップします。ただ、しっかりした内容の書類が提出できれば、一般的には標準処理期間の最大限よりも少し早めに手続きが完了することが多いので、なるべく早く手続きを済ませたいというお客様は、経験と実績の豊富な当事務所のような専門家にご依頼ください。時間を買うことで費用対効果のもっとも高い事業経営が可能となり、事業の成長と存続可能性を高めた経営のお手伝いをさせていただきます。