運送事業に関する第一種と第二種

はじめに

世の中に一種と二種といった分類がされている事柄って多いですよね。
運送事業では自動車運転免許や貨物利用運送事業の分類があります。そこで今回は運送事業に関わる第一種と第二種について解説したいと思います。

第一種自動車運転免許と第二種自動車運転免許

履歴書を書く時「第一種普通自動車運転免許取得」と書いている方も多いと思います。はたして「第一種って何ぞや?」と疑問に思われていた方も多いのではないでしょうか。第一種運転免許とは日本の公道で自動車及び原動機付自転車を運転するために必要な免許です。これに対し、第二種運転免許は旅客を輸送する目的で、旅客自動車を運転するために必要な免許です。堅苦しい言い回しですが、タクシーやバスなどのようなお客様を乗せて走る車両を運転するのであれば、第二種免許が必要ということです。運転代行も第二種免許が必要です。他人から対価を得て命を預かり走るので、注意力や運転能力も求められるため、実技試験の合格点も第二種運転免許の方がより厳しく、学科試験も問題数が多いのです。

第一種貨物利用運送事業と第二種貨物利用運送事業

貨物利用運送事業とは、荷主と運送契約を締結し、自らは運送を行わずに他の運送事業者の輸送手段を利用して輸送を行う事業です。その貨物利用運送事業にも第一種と第二種があります。

第一種貨物利用運送事業とは、第二種貨物利用運送事業以外のものをいいます。ですから最初に第二種貨物利用運送事業を検討してみます。第二種貨物利用運送事業とは鉄道、海運又は航空による利用運送に自動車による集配をプラスし、荷主から荷受人まで一貫した運送サービスを提供する事業です。例えば、東京から沖縄まで荷物を運ぶ場合、荷主のところへ車で集荷に伺い羽田空港まで運び航空機を利用して那覇空港まで運び、那覇空港から荷受人のところまで再び車を利用して荷物を運ぶといったケースです。

第一種はこれ以外ということですので、単純です。船舶であれば船舶のみ、航空機であれば航空機のみ、自動車であれば自動車しか他人の輸送手段を利用することができません。様々な輸送手段を複合して利用できる第二種のほうが複雑高度な輸送手段と言えます。そのことは事業の許認可にも表れており、第一種では国土交通大臣の「登録」で良いとされていますが、第二種の場合はより厳しい「許可」が必要とされています。

つまり自動車運転免許も貨物利用運送事業も第一種より第二種のほうが複雑高度で試験や許認可が厳しいのです。