利用運送事業の全体像

利用運送事業は、自社で運送手段を保有せずに運送業を営む場合の登録・許可制度です。

貨物利用運送事業法(平成元年法律第82号)では、運送事業者の行う運送を利用して貨物の運送を行う事業という表現がなされています。利用運送事業者は、荷主との間で運送契約(この契約は請負契約)を結び、さらに利用運送事業者は実配送を担当する運送事業者との間で運送委託契約(この契約も名称は委託ですが、法律上は請負です)を結ぶことにより実現します。

このため、他の事業者(実運送事業者)が、必要な運送事業の経営許可を取得(トラック運送事業なら一般自動車貨物自動車運送事業経営許可)して保有する、自動車、鉄道、船舶(外航・内航)、航空(国内・国際)の運送事業を下請けとして活用して荷主の貨物を運送する「利用運送事業」あり、実運送の利用とともに、荷主先までの集貨・配達を併せて行うかどうかによって、登録制の第一種貨物利用運送事業と許可制の第二種貨物利用運送事業とに分かれます。

第一種貨物利用運送事業登録および第二種貨物利用運送事業ともに、行政庁(国土交通大臣)に対する許認可取得の申請手続きを経て営める事業ですので、必要な手続きを経ずに事業を行った場合には、いわゆるモグリとして摘発の対象となりますので、事前にしっかりとした準備をして必要な手続きを経てから事業を開始するようにしてください。