貨物利用運送事業で運送サービスが向上!

貨物利用を運送事業が行われるようになり、従来よりも運送サービスの質がぐんとアップしました。というのも、生物や壊れてはいけない機械の部品等、素早くスムーズに運ばなければならない貨物は航空や自動車、大量で重くスペースが必要な貨物は鉄道や海運など、それぞれの貨物の状態や目的に合わせて、そして依頼主の希望に合わせて、運送の形を変えることができるようになったのです。自分の会社以外の輸送方法で物を運ぶなどできなかった時代から、他社の輸送手段を用いて効率よく運送が可能となました。運送方法はいろいろあり、船が使われるのが船舶で飛行機等を空が利用されるものが航空です。どちらも、日本でも海外でも OK で船舶の場合「外航」「内航」に分けられ、航空の場合外国利用は「国際貨物運送」となります。鉄道が使われたり、自動車が使われたり、どの方法でも荷物が運べるようになったおかげで時代のニーズにこたえられる形となりました。それにより世の中の回転がさらに早くなり、貨物利用運送事業は経済活性化に一役買っているといえます。今までは、貨物運送取扱事業法名前の法律で取り締まられていましたが、今では貨物利用運送事業法に改正されました。それに対し自社の輸送手段を利用する事業を、実運送事業といいます。貨物利用運送事業は自社の貨物を実運送事業にお願いして運んでもらうことはできません。荷主は貨物利用運送事業も実運送事業も利用できます。