プロの証の緑ナンバーと利用運送事業

ナンバープレートの種類

街を歩いていると様々なナンバープレートの車やバス、トラックなどを見かけます。それらを大雑把に、営業用か自家用か、軽自動車か否かの観点から「緑ナンバー」「白ナンバー」「黄色ナンバー」「黒ナンバー」に分類できます。

まず、軽自動車以外には主に「緑ナンバー」か「白ナンバー」が付けられます。
緑ナンバーは「営業ナンバー」とも言われ、お客様から対価を得て有償で物品を輸送する事業を行う車両に用いられます。つまり、事業として運送事業を行うためにはこの緑ナンバーを取得しなければなりません。タクシーや路線バス、宅配業者に緑ナンバーが多いのはこのためです。
一方、白ナンバーは自家用車でおなじみの「自家用」の車両に用いられます。

次に軽自動車には「黒ナンバー」か「黄色ナンバー」が付けられます。黒ナンバーは軽自動車の「営業ナンバー」です。軽貨物運送事業を営業されていることが分かります。
最後の黄色ナンバーは軽自動車の「自家用」ということになります。

営業車が白ナンバーということも

トラックがすべて緑ナンバーかといえばそうではありません。白ナンバーのトラックを見かけることも多いと思います。自分の会社のトラックは白ナンバーだよという方も多いのではないでしょうか。
これには、自分の会社で作った商品を納入先まで自分の会社のトラックで運ぶといったケースが考えられます。この場合は輸送で対価を得ていないために、白ナンバーでも可能なのです。
他方、他社商品を自社の白ナンバートラックで対価を得て運ぶ行為は違法です。そこで、緑ナンバーのトラックを所有していなくても、対価を得て運送業を営む方法があります。それが「貨物利用運送事業」です。

緑ナンバーのメリット

緑ナンバーを持っているメリットは、運送業のプロである証です。緑ナンバーの車を所有していることで、お客様は安心して荷物を頼むことができます。貨物利用運送ではそのような緑ナンバーを持つプロの業者に仕事を依頼するのです。