一般的な利用運送のビジネスモデルと第一種・第二種貨物利用運送

一般的な利用運送のビジネスモデルとしては、貨物利用運送事業者は荷主(お客様・一般消費者)から運送依頼を受け運送運賃の支払いを受けます。依頼を受け運送契約を締結した利用運送事業者は運送義務を負い、あらかじめ運送委託契約を締結しておいたトラック運送会社(一般貨物自動車運送事業者)に実運送を委託し運賃を支払います。

実運送事業者は、他の荷主からの荷物と同様に貨物を輸送する義務を負いますが、利用運送業者の荷物を同梱して混載運送するのかどうかは、利用運送事業者と実輸送事業者とのあいだの運送委託契約の内容によって決まります。

第一種貨物利用運送では、国内のトラック運送のみあるいは大型貨物の大量輸送等幹線輸送のみに限られることが多く、輸送モードが自動車(トラック)なら発送地から配達地までまたは集荷先から配達先までのトラック運送となり、鉄道貨物ならば拠点駅から仕向駅または臨海鉄道もしくは荷主専用の引込線等まで。航空貨物なら発空港から着空港またはairport to airportの空港宅配や両端の軽集配まで。船舶貨物なら発港から着港までまたはport to portの内航・外航海運となります。

第二種貨物利用運送では、第一種の利用運送に加えて先行する荷物の集荷または後続する貨物の配達までをも含むもので、集荷先からトラック自動車等により集荷して、幹線輸送を行い、配達先でもまたトラック自動車等により配達先まで届けます。幹線輸送については、第一種と同様に鉄道ならば拠点駅までと仕向駅から、航空貨物ならば発空港までと着空港から、船舶貨物なら発港までと着港からまで、すなわち全て集約すると以下のようになります。

荷主→トラック集荷→貨物駅・空港・港→鉄道貨物・航空貨物・海運貨物などの幹線輸送の利用→貨物駅・空港・港→トラック配達→荷受人

この荷主から荷受人まで一貫したドアからドア(door to door)の貨物運送サービスが第2種利用運送です。