利用運送事業が21世紀の最新ビジネスモデルである理由

利用運送ってなんですか?とよく質問を受けます。この質問を受けると、従来は利用運送事業の説明、いわゆる商売の話か、あるいは、よくある第一種貨物利用運送事業登録申請の許認可を取得する法律手続の話のどちらかだったのですが、最近は更にマーケティング視点での利用運送を解説することが増えてきました。

最新ビジネスモデルとしての利用運送事業

マーケティング視点と書きましたが、もう少し厳密に突き詰めて言えば、ビジネスモデルとして運送業の位置づけを捉えた場合のイノベーションといった方が正しいでしょう。つまり、インターネットの普及とアクセスデバイスのユビキタス化の進行によって、ダイレクト・マーケティングによる販売が拡大していることに引っ張られる形で、物流業や運送業といった流通の最適化が進んでおり、その最適化プロセスの中の一端として利用運送業がクローズアップされているのです。

運送業にも最適化の影響が波及している

すなわち、21世紀に入ってから物流業で3PLというコーディネート型流通ターミナルが出現したことによる最適化(ここは、決して効率化ではないことに注意が必要です)に運送業が強い影響を受け、運送業も最適化が求められているのです。これは、一般消費者に近いところにいる小売業の進歩に流通プロセスが引っ張られていることに起因しますが、流通プロセスからみれば、上流に当たる物流ターミナルが更に上流に当たる倉庫業と一体化して最適化を進めた結果、達成された最適化による成果の次段階として運送業にもその影響が波及していると捉えるのが正しいです。

運輸運送業の最適手段としての利用運送事業

このように書くと、一見効率化を進めれば良いのかという風に捉えられがちですが、必ずしもそうではありません。効率化を求めて無駄を省く努力を進めていくと、その結果としてサービス・ニーズに対する受け側の幅を失ってしまい、反ってさまざまな業者が同じ努力をすることによって競争激化を招き、取引単価が下がって、業界全体で疲弊するということになるからです。従って、取り組むべきキーワードは「効率化」ではなく、あくまで「最適化」なのです。その流通プロセス全体における運輸運送業の最適手段として利用運送事業が位置づけられるのです。