物流業は日本全体を守っている。

私たちが日常で利用している様々なサービスと物資は、ほとんどが物流によるもので物流という職業は日本には必須の業種です。
日本に限らず世界全体で言えることなのですが、なぜか私たちはあまり物流のことを気にしないで「サービスを受けられて当たり前」という感覚で感謝の気持ちを忘れています。
もし、何らかの理由である地域に様々なサービスと物資が行き届かなくなったらどうなるでしょうか。
まず、私たちが困るのが生きていく上で欠かせない食料品が真っ先に浮かびます。
食料品は私たちが生きていく上で大切なもので、物流業者を避けて日本全国に行き届かせるのは不可能です。
また、食品関連の職業の人達が働いて給料を得ることができません。
食品関連の職業の人達が働いて給料を得るには、物流業がなければ食料品を製造したとしても日本全国に行き届かせることができないので給料を得ることができません。

「日本の血液」と言われる物流業。

物流業は日本を支える「日本の血液」と言われています。
日本を「人の体」として考え、日本全国にある道路と高速道路を「血管」として考え、トラックを様々な栄養を運ぶ役割をする「赤血球」として考えると、非常に分かりやすいと思います。
私たちの体と同じように日本は物流で私たちの生活と健康を保っています。
もし、物流業が日本になければ生活と健康が保たれないだけではなく、物流業がなければ日本の文化と経済が良くなりません。
経済が良くなければ日本に魂がないのと同じになります。

日々の様々なサービスを受けられることに感謝しよう。

物流業はタダ必要なサービスと物資を提供するだけではありません。
物流業は私たちの生活を守り、日本経済を発展させて次世代の日本を創り出します。
また、日本で物流業を営むことができるのはトラックの製造に携わっている企業がいるからです。
物流業で必須のトラックは製造に携わっている企業が物流に頼っているからです。
日々の生活の中でサービスと物資の提供を受けるには最初の原点として「物流」にあります。