現代には欠かせない物流業の人材不足。

現代の日本には物流業はないと困る業種で自分たちが生きていく上で必要な物を物流で担っています。
物流業は「日本の血液」ともいわれています。
宅配便は主にネットショッピングを中心に一般家庭の利用者が品物を注文してから2~3日で品物が届きます。
そんな物流業ですが、仕事は激務で深刻な人手不足に悩まされています。
物流業の仕事は会社によって異なり対象が法人だたったり一般家庭だったり、あるいは法人と一般家庭の両方を対象にしていることもあります。
法人と一般家庭の両方を対象にしている場合は範囲が広がるため非常に荷物が多くなります。
法人を対象にしている場合は比較的に運転手に対する負担はありませんが、法人と一般家庭の両方を対象にしている場合は荷物が必然的に多くなり運転手の負担が大きくなります。
特にお盆や年末年始などの繁忙期になると、配達日時に配達ができないというトラブルが起きます。

繁忙期になると運転手の不祥事が出やすい。

「繁忙期になると荷物が多くなり、その分トラブルが起きやすくなる」と説明しました。
トラブルというと誤配や荷物の紛失または破損が思いつくと思いますが、それだけではありません。
荷物が多くなるということは仕事が多くなり、仕事が多くなるということは運転手のストレスも多くなります。
ストレスが多くなって、そのストレスを顧客の荷物に当たってしまうという運転手が実際に出ています。
特に年末年始では荷物が100個以上出る時があり、それらの荷物をその日のうちに配達しないといけないので運転手のストレスが溜まるだけでなく、職場もピリピリとした雰囲気になります。

宅配便の人手不足を解消するにはどうしたらいいのか。

現代では全国の物流業が人手不足に悩まされています。
人手不足の代表的な原因として日本の免許制度が厳しくなっていることが大きな原因となっています。
2017年4月から施工された「準中型免許」が登場するまでは2トントラックを乗車できる条件として中型免許を取らないと乗車できないようになっていました。
中型免許が登場するまでは普通免許で2年以上の運転経験があれば2~4トントラックの乗車が可能になっていました。
しかし、免許制度が厳しくなるにつれて普通免許で運転していた運転手が高齢化となって次々と退職していき、現代では人材不足に陥っています。
ですが、2017年4月から施工された「準中型免許」が登場したことによって高校卒業してすぐ乗車することが可能になりました。
これから少しずつ人材不足の問題が解消されることになるでしょう。