貨物輸送のリスクと保険

商品の輸送リスクをカバーする保険

イギリスからアンティークの輸入を行っている友人と話をしていました。現地で大量に買い付けた後はコンテナ船で輸送するらしいのですが、その輸送中に商品が壊れてしまうことが多いのだとか。そのようなリスクをカバーするために保険があります。

貿易取引条件(INCOTERMS)と外航貨物海上保険

国際間の貿易では「外航貨物海上保険」という保険が一般的に利用されます。貿易取引では売主と買主のどちらが船舶と保険を手配するか事前に十分確認しておかなければなりません。そこでインコタームズ(INCOTERMS)と呼ばれる貿易取引条件があります。代表的なインコタームズにはFOB、CFR、CIFがあります。FOB条件では売主の義務は船積み原価で売るのもので、買主は本船と保険の手配を行います。CFR条件では売主は本船を手配し船積み原価と運賃で売り、買主は保険の手配だけを行います。CIF条件では売主は本船と保険を手配し、船積み原価・運賃・保険料で売り、買主は本船と保険の手配を行う必要はありません。また、貿易における決済の方法は信用状取引(L/C)と呼ばれ、これは買主の取引銀行が買主に代わって商品代金の支払いを保証するものですが、CIF条件の場合、売主は信用状の指示通りに外航貨物海上保険を手配しなければなりません。このように国際輸送では売主買主以外にも銀行が取引に絡んできますので、保険の加入が取引条件であらかじめ決められていることが特徴です。

国内輸送中の保険

国内での貨物保険は海上輸送中の貨物の損害をてん補する「貨物海上保険」と陸上輸送中の「運送保険」に分類できます。東京海上日動の外航貨物海上保険では海上輸送中の損害に加え、オプションで陸上での保管中や荷役中も保険の対象にしています。また、三井住友海上の国内貨物総合保険ではオーダーメイド設計が特徴であらかじめ特定できない倉庫や工場での保管や加工中の事故も補償可能になっています。佐川急便の運送保険では輸送中の盗難や破損などによる貨物の損害を補償します。また損保ジャパン日本興亜の運送業者貨物賠償保険はトラック1台ごとに保険料を算出し1年間包括的に補償されるので保険手配が漏れる心配がない点が特徴です。

このように国内輸送では様々なリスクをカバーする保険が広く販売されており、どの会社を選ぶのか、そしてどのオプションを付けるのかは利用者の選択に委ねられています。但し、国内保険の場合、天災やストライキなどのような不可抗力の場合は保険の支払いがなされないと規定されていることが多いので注意が必要です。また、アンティークのように価格の算定が困難なものは補償対象外となっていることもあります。