運転中の居眠りは糖質が原因。

車の運転で誰しもが経験していることとして「居眠り」があるかと思います。
居眠りの原因としては、睡眠不足、疲労が十分に取れていない、同じ景色で変化がない場合、車内の換気が十分に行われていないこと等が挙げられます。
しかし、これらの原因以外に案外知られていないことがあり、それは糖質の取りすぎで居眠りをしてしまうということです。
人の三大栄養素として「炭水化物(糖質)、たんぱく質、脂質」があり、糖質は私たちの体になくてはならない栄養素です。
働きとしては私たちの体のエネルギーとして使われ、力仕事や頭脳を使う職業には必要不可欠です。
ただ、糖質は取りすぎると毒になる栄養素で糖質の取りすぎで肥満や糖尿病及び動脈硬化等の血管疾患を患います。
また、上記の疾患に加えて居眠りや倦怠感、集中力の低下等の仕事をする上で支障になる症状が現れてきます。

私たちの体は脂質がエネルギーになるように作られている。

「糖質は取りすぎると体に悪い」と話をしましたが、多くの人たちは「糖質がエネルギー源」だと考えている人は少なくないかと思います。
私たちの体のエネルギー源は糖質と脂質の2種類あり、現在ではほとんどの人が糖質をエネルギー源にして仕事や日常生活を送っています。
ただ、糖質は脂質よりも病気になるリスクが大きくて動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を患う人が多くなってきています。
一方で、「脂質は肥満や高血圧の原因になり体に良くない」と思われがちですが、実は私たちの体は脂質をエネルギー源として活動するようになっていて、脂質を取ると健康な体へと生まれ変わらせることができます。

脂質を取るなら最初はアマニ油から。

健康な体に生まれ変わらせることができる脂質ですが、何でもかんでも脂質を取ればいいものではなく正しい摂取方法で摂取しなければ健康になるどころか逆に体を壊してしまいます。
代表な脂質として「バター、オリーブオイル、グレープシードオイル、アマニ油」の4種類があります。
特に、「アマニ油」がお勧めで調理には不向きですが調味料として様々な料理に気軽に使うことができます。
アマニ油は私たちの体では作れない「必須アミノ酸」と「オメガ3」を含んでいて、摂取すると脳と体の細胞が若返って健康な体に生まれ変わらせることができます。