利用運送事業登録(許可)での財産的基礎300万円とはなんですか?

利用運送の回答 
利用運送事業では、お客様(荷主)からの大切な荷物・貨物を預かって、希望の配送先に輸送する運送責任があります。したがって、書類さえ出せば誰でも名簿に記載されて事業が開始できるといった簡単なものではなく、本来あってはいけない運送中の事故や盗難に対応する能力や財産的基盤が求められます。その基準値が300万円です。
もし利用運送を始めるにあたって新しく会社設立するのでしたら、資本金として最低300万円以上の会社を設立すれば要件具備となります。資本金が300万円集まらない場合には、残念ですが、利用運送事業登録はできませんので、しっかりとした事業計画書を作り、出資してくれる投資家を募って300万円の資本金基準をクリアしてください。
もし従来からある会社の新規事業として利用運送事業を手がける場合には、直近決算期の財務諸表によって判断します。この場合は、直近決算時の貸借対照表を確認し、左側(借方といいます)の資産の部の金額から、右側(貸方といいます)上半分の負債の部の金額を差し引いて300万円あるかどうか?で判断できます。
ある一定規模の会社であれば、この財産的基礎の純資産300万円はクリアできると思いますが、最低資本金規制が撤廃された現在の会社法施行以後に設立された会社や、旧有限会社で資本金額が300万円だった会社などは、その後の業績変動などによって上記計算式で300万円をクリア出来ない場合がありますので、一度必ずご確認ください。
もし純資産が300万円をクリア出来ない場合には、増資をして300万円を超えるようにバランスシートを調整していただく必要があります。増資手続きにあたっては、決算のうえ株主総会を開催して登記をする必要がありますので、時間に余裕をもってお早めにお申込みください。