貨物利用運送事業と実運送事業とは何が違うのですか?

利用運送の回答 
貨物利用運送事業とは、お客様(荷主)の需要に応じ、有償で利用運送を行う事業のこと指します。利用運送とは自ら運送手段を持つのではなく、すでに運送手段を持っている一般貨物運送事業者(実運送事業者)を利用して貨物運送を行ことです。また、実運送事業者という言葉も法律上の定義があり、貨物自動車運送事業法でいう一般貨物自動車運送事業(普通トラック運送業)または特定貨物自動車運送事業を経営する貨物自動車運送事業者と、鉄道事業法第2条第2項の第一種鉄道事業もしくは鉄道事業法第2条第3項の第二種鉄道事業を経営する者または軌道法第4条に規定する軌道経営者である鉄道運送事業者、海上運送法の船舶運航事業を経営する船舶運送事業者、航空法の航空運送事業を経営する航空運送事業者が、貨物利用運送事業法第2条第2項から第5項までに定義されています。
この場合の注意点としては、身近で貨物を輸送するものとしてトラックでの運送業の営業ナンバーに、普通トラックの緑ナンバーと軽貨物運送の黒ナンバーとがありますが、上記の定義では一般貨物自動車運送事業と特定貨物自動車運送事業のみが含まれていて、貨物軽自動車運送事業(黒ナンバー)は含まれないところです。
同じく、ロープウェイ事業者や港湾運送事業者も上記定義に含まれませんので実運送事業者には当たりません。軽貨物、ロープーウェイ、港湾運送を利用する場合の運送事業は、貨物利用運送事業にはなりません。