貨物利用運送事業と貨物取次事業はどう違うのですか?

利用運送の回答 
貨物取次事業は平成15年まであった規制制度で現在はありません。利用運送と貨物取次はよく似ているので、よくお問い合わせ(笑)をいただきました。
貨物利用運送事業とは、荷主から運送依頼を受けて運送契約を締結し荷主に対して運送責任を負っています。これに対して、運送取次事業は荷主に対しては運送責任を負わずに、お客様(荷主)の需要に応じてかつ有償で、自己の名で行う運送事業者の貨物運送への取次ぎです。分かりにくいですね。例えば、インターネットの通信販売などで、商品等を配達するときに、通販会社が消費者と運送会社との間の運送契約を代わって締結してあげて、その契約締結に係る対価を手数料として取得するビジネスをイメージすればよいでしょうか。通販では、商品宅配などは法律上あくまで消費者が運送会社に対して荷物の運送を依頼しているのです。
従って、貨物の取次は発送時と受取時とがあり、運送貨物の運送事業者からの受取(運送の取次ぎ)や、あるいはお客様(荷主)の名で行う運送事業者への貨物運送の委託または運送貨物の運送事業者からの受取り(運送の代弁)を行う事業も貨物取次といいました。運送の取次ぎ手数料を得るビジネスとして考えると分かりやすいです。
かつて貨物取次ぎのビジネスモデルとして求車求貨システムがよく言われました。これは、荷主が輸送してほしい貨物の情報(種類、量、現在地、目的地、希望運賃等)をデータベースや掲示板等に掲示して、運送事業者がこれに応募して成約したら荷主と運送事業者との契約締結に直接関与(ここが取次ぎ)して手数料を取得するものです。要するに運送契約の市場オークションシステムですね。
現在は規制がなくなっていますので、誰でもできるようになっています。