貨物利用運送登録(許可)が受けられない欠格要件とは?

利用運送の回答 
利用運送は、第一種貨物利用運送事業が登録制で第二種貨物利用運送事業が許可制の国土交通大臣の許認可を取得する必要のある貨物利用運送事業法による規制産業です。
貨物利用運送事業法では、利用運送事業を行うに当たっての登録要件または許可要件を定めており、そのなかに欠格要件と呼ばれる営業所や財産的基礎、実運送会社(一般貨物自動車運送事業者)との運送委託契約が準備できていたとしてもなお申請手続きができないネガティヴ条件ともいえるものがあります。代表的な例としては過去に法令違反があった場合です。
貨物利用運送事業にあたっては、次のいずれかに該当すると第一種貨物利用運送事業登録がなされませんので注意が必要です。
1.1年以上の懲役又は禁錮の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者
2.第一種貨物利用運送事業の登録又は第二種貨物利用運送事業の許可の取消しを受け、その取消しの日から2年を経過しない者
3.申請前2年以内に貨物利用運送事業に関し不正な行為をした者
4.法人であって、その役員(いかなる名称によるかを問わず、これと同等以上の職権又は支配力を有する者を含む。以下同じ。)のうちに上記の3点のいずれかに該当する者のあるもの