利用運送登録はどのくらい期間がかかるのか?

申請から事業開始までいかかる期間

 利用運送業を行おうとしているみなさんにとって、「申請を済ませてから実際の事業開始までにかかる期間」は、とても気になることの一つだと思います。

 事業を開始する際には、まず次の第一種貨物利用運送事業登録の基準をクリアしなければなりません。

 1.営業所
 2.保管施設
 3.財産的要件(純資産300万円)
 4.欠格要件不適合性
 5.運送約款
 6.事業計画
 7.事業遂行能力

これらが全てクリアされた後、第一種貨物利用運送事業に必要な書類を作成し、登録申請を行います。必要書類は次のとおりです

 1.第一種貨物利用運送事業登録申請書
 2.事業の計画
 3.宣誓書
 4.履歴書
 5.標準貨物自動車利用運送約款

以上の書類に不備や指摘事項が見つからなければ、申請をしてから最短で60日後には事業を開始することが出来ます。

この「書類に不備や指摘事項が見つからない」という部分がポイントです。
登録の基準をクリアするための準備や書類の作成を、専門的に取り扱う行政書士に任せることで書類の不備をなくすことが出来て「最短60日」が実現されるのです。
設立の段階から継続して信頼できる行政書士に顧問を依頼することは、ご自身は営業活動に専念するなど、あなたのビジネスを飛躍的に効率化することにつながります。

こういった第一種貨物利用運送事業の手続きは細分化されて複雑なため、信頼できるプロである行政書士に依頼することが、事業をスムーズに進めるために必要なことといえます。
第一種利用運送事業登録申請書類お申し込み
こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
ぜひ新日本総合事務所の第一種利用運送事業登録申請書作成サービスをご利用ください!